FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国での英語教育を垣間見た

2010.12.03
2週間ほど前ですが、息子を学校に送った夫から『先生から「話がある」といわれた』と連絡が。
『なんだろう?』と迎えに行くまで悶々…
普段は私が迎えに行くのに、その日は先生とのミーティングに夫が出動!

ちょうど前日、息子が忘れ物をしたと騒いで教室を探したけど見つからず、先生に聞こうとしたけれどうまく伝わらず…
2年生に日本人の男の子がいたので、その子が呼ばれ通訳してもらうも通じず…
(息子が探しているものの正体が、いまいち分からなかったのもあるんだけど。そこは4歳児の話だから日本語でだって要領を得ない
なんか『棒を探しているみたい。スティック』と話したら、『ボールを探してるんだって』と訳されて…。
英国での生活が長いと日本語の方もわからなくなってくるのかもしれないですね。
うちも息子には日本語のフォローもしてやらないと…なんて片隅で思いつつ。

だけど6歳児に通訳してもらう、おばちゃんってどうよ!
もうかなりショック!

そんなことがあったので、『奥さんの英語、わからなすぎですよ。何とかしてください!』ってクレームかと思ってビクビクしてました。

そしたら、『息子さんは字を書くのが好きみたいなので、編入してくる前に出していた宿題のプリントをあげるから、冬休みに入るくらいまでに追いつくくらいでいいのでやってみて』って。
確かに最近、息子は文字や数字に興味があって、ひらがなも学校でよく書いたりしてるみたい。
息子がひらがなを書いて遊んだりしているのをみて『字が読めるのか』って驚いて聞かれたよう。
『日本には、「ひらがな」という50個のオリジナルの文字があるけど、全部読めるから簡単な絵本くらいなら読めるよ』と言ったら『先生について習っているのか?』って。
『いやいや、両親で教えている』と夫は答えたらしい。(大半は、○ま○ろうの教材が教えてくれたんだけど…。)
こっちの人は、すぐに家庭教師とかナニーとかつけるんだろうか?
親が教えていると話したらびっくりした模様。

そして、息子のモチベーションを見てリーディングブックを貸すので家でもやってみてって。
それから毎日、宿題が他の子よりも少し多いけど、喜んでやっています。
よく見てくれる学校に入れてよかったです。

息子が早く英語を覚えられるように何かしようと思って、ちょうどオックスフォード・リーディング・ツリーという教材を買おうかと考えていたのに、似たような教材を学校から借りれて勉強できるんですから、ホントによかった。
レベル1のbook1は『LOOK』だけ。
画像17 139
画像17 140
そういう簡単なところから、徐々に単語が増え、文章になっていくんですねー。

ちなみに、息子は最近アルファベットをフォニックス読みします。
学校では、最初にフォニックスを教えるところから始めているようです。
『H』を「は」って読ませてます。
『お母さん、大きい「は」ってどう書くんだっけ?』ときかれて、大きくひらがなの「は」を書いたら『違うよー』ってダメ出しされました。
大文字・小文字の「大きい・は」ですか、そうですか。はいはい
って妙に関心しました。

日本じゃ、まず『ABC』は『えい・びー・しー』ですからね…。
英語の教え方が、そもそも違うんだなって感じです。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。