FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども番組のこと

2010.09.08
ホテル住まいでおもちゃがほとんどないので、しかたなくTV見せてます。
息子は『Tiny Pop』というチャンネルの『Toopy and Bnoo』というアニメがお気に入り。
これを見たいがために、早寝早起きをする日もあるほどです。
日本では絶版になっていますが、私が子どもの頃読んでいた絵本、
「スキャリーおじさんの絵本」もアニメになっています。
少年探偵のような内容で、息子は、これで『Mystery』という言葉がお気に入りになりました。

これらを見始めて、数日で「I like bnoo!」「お母さん come on」とか少し英語を口にするように…。
まだタダの真似事のようだけど、子どもはこうやって言葉を獲得していくのでしょう。

でも、日本で言う教育番組系に当たるのか、実写版の子ども向け番組はイケてない気がします。
中でも『ニンジャーズ』という、どうみても忍者の真似みたいな、
子分の出てくる番組があるのですが、これがまた、忍者を愚弄しているかのような、
しょぼーい怪しいほっかむりの二人組みが出てきます。
英国人(?)のリーダーに『ヘイ!ニンジャーズ!』とか顎でこき使われています。
忍者をこんな風にしないで欲しいなぁ…。

あと、『キャプテン・マック』という番組が、キャラが際きわで、馬鹿らしく受けます。
もし見る機会があったら、ご笑覧ください。

教育的にはどうなのか、疑問ですが、言葉の獲得には効果的かもしれません。
こんなことがありました。
毎回通るたびに声をかけてくる電話会社のキャッチがいるのですが、
ある日、急いでいて通り過ぎたら、
息子が、『お母さん、なんていう名前なのって聞かれてるのに、どうして答えないのよ』って。
ちゃんと相手の言っていることがわかっていたんですよ。
驚きでした。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。