検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この日の食べ物の話とオックスフォード・キャッスルの丘

2010.09.07
9月4日 つづき③

科学博物館の帰り道、おば様に誘われたチョコレートの量り売りのお店。
『写真いいですか?』って聞いたら、『いいわよ』ってにっこり。
なので記念にパチリ。
画像4 118

画像4 117
このチョコ、日本じゃ見たことないくらい、がっしりしたチョコでした。
味も、なんだか複雑な…。ただ甘くてビターなだけじゃなかったです。

そして、前から欲しがっていたガチャガチャ風なお菓子の自動販売機。
画像4 119
画像4 124

£1コインを入れてガチャガチャやるとケースに入ったお菓子が出てくるのですが、
初めてなので上のポールをぐるぐる回せば、選べるということがわからず、
出てきたのは『シゲキっくす』風なすっぱいグミでした。
(『あとでキャッスルの丘で食べよう!』と張り切っていた息子は、その味にがっかり…。
 でも、この時は出てきたお菓子を見てルンルンでした)

オックスフォード・キャッスルの丘。
前から人が沢山上っているのが気になっていました。
『上ろう!』と思うまで気付かなかったのですが、有料でした。大人ひとり£1。
お金払ってまで上がったら、がっかりしそうだな…と思いつつ、
息子と丘に行く約束をしてしまったので、仕方なく行くことに。
しかも£50札しかなかったので、萎えた。
たった£2を£50札で…。
わざわざ売店まで行かされて料金を払わされました。
こんな高額紙幣、地元ではめったに流通しないって言われて驚かれました。
本物かどうか確かめてたし…。
紙の上に紙幣をこすって、赤いインクがつくかどうか試していました。
コピーだったら、こすってもインクが付かないからじゃないかな?
画像4 125
画像4 126

午前中に、セント・メアリー教会に登った後だったので、
丘からの眺めが、ホントしょぼく感じたけど、息子は大満足で遊んでいました。
画像4 138

そして、テントウムシを大量に手のひらに入れては、一気に離して、散り散りに動き回る様を観察してました。
娘が、お腹がすいて騒ぎ出したので、パンを食べさせてたら、蜂が寄ってきました!
この蜂、オックスフォードに来たときから、やたらとゴミ箱にたかっているので気になっていましたが、
WASPとかいう蜂らしく、刺すようです。
しかも食べ物を持っていると、においに釣られるのか寄ってくるので、この時期は気をつけたほうがいいです。
私なんて、(変な話)娘にまだ授乳しているせいか、ミルク臭がするらしく、
食べ物もっていなくても、執拗に追い掛け回されることが多いので、ホント怖いです。
ホテルでも、キッチンの窓を開けていると入ってきます。

私は、タオルでバンバン叩き落として、弱ったところをハサミでちょきん!
胴体と頭を切り離して退治しています。
昆虫は、こんな状態になっても動けるし、蜂は刺す力があるので、
完全に動かなくなるまで、子どもを近づけないように要注意です!

このオックスフォード・キャッスル。
子連れの地元のおじさん(って、多分自分たちとそう変わらない歳だと思うけど)が教えてくれたのですが、
昔は牢獄で、今はホテルになってるが裁判所の跡もあるから見てみるといい。
タダでは入れるからって。
その言葉を信じて見学に行きました。
ホテルの受付らしきを通り抜けると中庭に出たのですが、そこではオペラがやっており、
ステキムードが漂っていました。
オペラ、子どもが生まれる前行ったウィーンの大晦日の『こうもり』。また行きたいよー。
だけど、そんなオペラやってるとこにホントにタダで入っても良かったのか、謎が残りました。

この日の夕食。
夫が『しょうゆ!しょうゆ味のが食べたい!』というので、とうとう買ってしまいましたよ。
ソイ・ソース。
マークス&スペンサーで…しょうゆと一緒に牛肉も買って。
画像4 142

フライパンで焦げ目をつけたら
画像4 143

オーブンで焼いてみました。
最後にしょうゆをジュワ!っとかけて…
画像4 154

久しぶりの醤油!美味しくって!
あー、船便に丸大豆醤油積んであるのに、まだ海の上を漂っているんだろう。
早く家に引っ越して、荷物受け取って普通の生活を営みたいよ。

本日のメイン・ディッシュ。お気に入りのビールと一緒に!
画像4 163

食べ物の話ばっかりになったな…
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。