FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英国の適当さを垣間見た日

2010.09.06
9月3日

午前中、クライストチャーチの公園へ。
リスを沢山見つけた息子は、「今日は、リス探検しよう!」と、ウキウキ。
リス、多分巣があると思われる木を発見!
画像4 002
沢山、住んでいるようで、しかも早朝の方が出現率は高い気がします。

英国は、病院にかかるのに、ホームドクターに登録しないといけないので、
午後は、書類をもらいに早く帰ってきた夫。
よく『世界仰天ニュース』とかで、奇病にかかっても見逃されて悪化して…
みたいなケースが紹介されてるけど、たいていイギリスの話しな気がする。
ホームドクター(GP)が見誤って、病気が悪化したり、死んだりするの、
英国ではあまり珍しくないって。…果たして真相はいかに?
とにかく、このGPの紹介状がないとを病院にかかれない。
病院、公費でかかれる代わりに予約に時間かかったりいろいろ面倒みたい。
もちろんプライベートの病院もあるんだけど、予防接種とかするには(インフルエンザのも)登録が必要なんだって。
夫は、書類をもらったときに営業時間を確認して、
『今日は7時までやってるんだって。だから、ボドリアン図書館見ようか』って。
なのに、6時に行ったら『もう終わりだから帰れ』って言われました。
『7時までと聞いたんですが…』って夫。
そしたら、『そういう日もある。でも今日は終わり』って言って、手をシッシってやってきました。
私らは犬じゃないわよ!
適当だな!英国。ちゃんとしろよ!英国。

まあ、それはさておきボドリアン図書館。
画像4 003
画像4 004

中を見学するツアーがあって、参加すると古い書物を見ることができるそう。
この人がボドリアン
画像4 005
遅い時間だったので、中は後日ゆっくり見ることにして、

科学博物館へ
画像3 130
画像3 132
ここも行ったら5時で閉館だったので30分しか見られなかったんだけど、
すごく面白そうな計器がいっぱいでした。
画像4 009

またゆっくり来ることにします。
ここもタダなんだけど、息子は寄付したがって小銭をポチャン。
画像4 008

目の前が大きな本屋なので、本でも買っていこうという話になり、
オックスフォード・リーディング・ツリーの中の1冊を買いました。
画像4 011

画像4 168-1
内容は幼いんだけど、息子のチョイス。
ほとんど英語を知らない彼にとって、このくらいのレベルの本からはじめるのも悪くないかな。
ちゃんと読めたら次の新しい本も買ってあげると約束しました。
レジのお姉さん、来年日本に行くからって、日本語で話しかけてきました。

私はよく、周りに分からないだろうと思って日本語で毒を吐いて歩いてるんだけど、
こうやって多少日本語のわかる人もいるので、気をつけないとね…。

『プーさん』の初版本と思われる、お宝本が、£8500以上の値段で売られてるのを発見!
画像4 010
さすが、マンモスな本屋さん。また買いに来るよ。

セインズベリーでおかしなもの発見。
画像4 016
『浅草、焼汁味』って…??謎。中身はうどんぽかったけど。

しかも日本のお菓子も発見!あるとこにはあるんだね。高めだけど。
画像4 017
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。