FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

2011.09.29
『そろそろ死亡説が流れてもおかしくない』と夫にせっつかれて、久しぶりの更新です。
旦那さんの仕事の都合で突然にイギリス暮らしをすることになった、子連れの家族の役に立てば!と思って始めた、このブログ…。
今では、日本の家族が私たちの生存確認(?)に覗いているようです。
日本の家族に心配されそうですが、大丈夫です。元気にやっています。

もう夏も終わってしまいましたが、サマーホリデーは、レゴランドに行ったり…
DSCF4546.jpg
DSCF4821.jpg

スコットランドへ行ったり…
DSCF5840.jpg
DSCF5854.jpg
ハイランドダンスを踊る子どもたち
DSCF5880.jpg
ミリタリータトゥーは、また観に行きたいな
DSCF6174.jpg

湖水地方へ行ったりしてました。
DSCF6310.jpg
人馴れし過ぎて、まったく逃げない湖畔の白鳥。
DSCF6367.jpg
DSCF6551.jpg

いつか記事もアップしたいです(最近は、こればっかですね…)

でも、ホリデーが2ヶ月以上あったので、二人の子どもに振り回されっぱなしのまま終わってしまったような感じも…
きつかったよー。
娘に合わせると、息子が有り余って大暴れだし、息子に付き合わせようとすると娘はついて来られないので、結局小さいほうに合わせることに…
そうすると息子は大変なことに…男の子を子育て中の方には共感していただけるのではないでしょうか


それから、1年ぶりに日本に帰ってきました。
ブログ写真
DSCF4845.jpg
DSCF4856.jpg
やっぱり温泉は、最高ですね。しみじみ『自分は日本人だな』と思いました。
DSCF5029.jpg
DSCF5040.jpg
DSCF5083.jpg
従兄弟とやった花火、とても楽しかったようです。左が息子らしいのですが、右の親指をやけどしたことが印象に残っていたらしく、指先が赤く描きこまれています。
DSCF5125.jpg
DSCF5127.jpg

言葉が自然に通じるって、ほんとに素晴らしいって思いましたが、他人に対して無関心な人が多いな(特に東京)って、ちょっと寂しく思った帰国でした。
ヨーロッパでは(あ…フランスは違ったけど。あまり人に親切にしない感じでしたね)、子どもをつれていると、笑いかけてくれたり子どもに話しかけてくれたり…、公共の乗り物では、必ず誰かしら席を譲ろうとしてくれたり、後から来る人にもドアを開けて待っていてくれたり…。
そういうのウザくて嫌な人もいるでしょうが、私は暖かい気持ちになるんですよね。
でも日本では、ほとんどそういうの、見られなくなってしまったようです。少なくとも、私たち夫婦の実家付近では、そうでした。

一番、さむーい気持ちになったのは英国帰国の日。
成田へ向かう電車の中で、スーツケースと子どもを二人抱えて乗っても、まるで無関心。
もちろん、手伝ってくれとか、席譲ってくれとか思ってないですが、そんな空気も無い日本人集団に寂しい思いを感じました。
むしろ、大きなスーツケースとか、子どもの存在とか、迷惑そうな雰囲気を感じました。
まあ、朝のラッシュ時だったからかな?
みな一様に疲れたような雰囲気で、人のことなんて構っていない感じでした。

そして、かなり早めに出かけたのに、人身事故で電車も停まってしまい、空港までたどり着けないかと思いました。
『線路に人が入ってきた』とか言っていたので、思いつめた人が思い余った行動でも起こしたのかな…って、なんだか、そんな社会やだな…、って思いつつ帰ってきました。

東京生まれ、東京育ちの私ですが、なんだかとっても違和感な感じでした。
(ヨーロッパかぶれ!とかって、言わないでくださいね
一年、日本を離れると『違う』って言うことを感じる自分になったのだと思います。
私が子どもの頃は、まだ、譲り合ったり助け合ったりが、まったくの他人の間でも自然にあったように思い出すのですが、今、大方の日本人はそんな風に周りの人を気にかけたりはしないみたいです(もちろん、そうじゃないっていう方もたくさんいらっしゃるとは思いますが)。
寂しかったですー。

さてさて、暗い感じになってしまいましたが、次は楽しい記事を書こうと思います。

日本に帰れて楽しかったよ!いえーい
DSCF5179.jpg
ロングフライトで爆睡する娘
DSCF5188.jpg
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

わかる!そうそう、日本人て無関心で冷たいよね。ヨーロッパの人って後の人のためにさりげなくドアを支えててくれたり、ベビーカーでバスや電車に乗るとき「手伝おうか?」ってベビーカーを持ち上げてくれたり、男性も女性も中高生くらいの子もホント親切!私も帰国したとき、子連れで大変で「手伝ってくれてもいいじゃん」という気持ちに何度もなったよ。しーのんさん、子供が小さい今のうちにいっぱい親切にされて少しでもラクして&気持ちを前向きにしてね。

Re: タイトルなし

セベルさん、コメントありがとうございます。
やっぱり…。日本人の他人に対する無関心さが寒いなと思うのは私だけではないんですね。
日本は効率や成果をとても大事にするけれど、あんまり人間を大事にしないような感じしますよね。
ヨーロッパの人は、まず人間ありきで、人への親切もいい循環でめぐっているような気がします。
日本の出生率は、この先もあんまり伸びないでしょうね。
子どもを迷惑がるような雰囲気あるし、いずれ成長したら社会を担っていくんだから自分たちにとっても宝なんだって言う見方が、あまり無い感じですかね。
個人の子どもって言う見方が強くて、社会で温かく見守ろうって言うのがなさそう。
『袖触れ合うも多少の縁』って言うのを大事にしてきた日本はもう過去のことなんでしょうかね。寂しいですね。

私もよく分かります。
子供あっての社会なのにね。
こんなにジェントル☆って思うイギリスでもこちらの人にとってはそうは思わないそうですよ。
もしも日本に来たら、かなりのショックを受けるでしょうね。
日本に帰っても悪いことには流されず、恥じない日本人でいたいです。

Re: タイトルなし

> こんなにジェントル☆って思うイギリスでもこちらの人にとってはそうは思わないそうですよ。
そうみたいですねー。ジェントルというより,普通のマナーなところが良いと思います。
住んでみると日本人と英国人って,常識と思われていることに共通点が多いなーって思います。
(そう思っているのは私だけ?)
だから、お友達になっても無理しないでつきあえるんですよね。
都会の日本人は,忙しくて余裕が無いんでしょうかね。
『人のふりみて・・・』っていうことで、私も心地よいマナーを忘れない人でいたいです!

はじめまして
来年オックスフォードに引越し予定のものです
下のおじょうちゃんがうちの子供と同い年のようです
なかなかオックスフォードの子連れ家族の情報が少なく、検索していたらたどり着きました
どうぞよろしく御願いいたします

Re: タイトルなし

はじめまして。
オックスフォードは,子連れの日本人の方がたくさんいらっしゃいます。
生活も,慣れてしまえば大丈夫です。心配要らないと思いますよ。
何か,不安なことがありましたら,聞いてください。
私で分かることでしたら,お答えしますので。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。