検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストニア×ドイツの小さなお友達

2011.07.04
夫の職場にドイツ人で、私たちと同じような小さな子連れで英国暮らしをしている人がいます。
彼の奥様は、エストニア人で、こちらで博士号を取ろうと今、奮闘中です。
私たちが息子を学校に入れ始めた頃、同じように娘さんがナーサリーに通い始め、『英語が分からないから、毎日登園拒否気味なんだよ』『うちも同じ。どう?慣れてきた?』とかって、よく話していました。
そんな彼らの娘さんのお誕生日会に、お呼ばれしました。
DSCF3760.jpg
公園の一角に、レンタルボールプール。
DSCF3735.jpg
DSCF3745.jpg
プレゼントは、折り紙で装飾。
DSCF3719-1.jpg
息子作、ロボットのプレゼント。
DSCF3720.jpg
DSCF3742.jpg
DSCF3768.jpg
わーい!シャボン玉!!
DSCF3772.jpg
DSCF3762.jpg
DSCF3765.jpg
DSCF3773.jpg
DSCF3786.jpg

彼らは結婚をしていません。
ドイツ人は、結婚しない事実婚なのが普通(?もちろんそうでない人もいると思うけど)とのこと。
だから相手のことは『妻』とか『夫』とか言わないで、『パートナー』って呼び合っています。
結婚して(籍を入れ)ないからといって、薄情かと言えば、そんなことないです。
我が家と同じように、協力して子どもを育てているし、お互い助け合って生活しています。
普通の(日本で言うところの)夫婦と同じと言う印象です。

このドイツ人のお友達ですが、彼はすごくて、家ではエストニア語を話し、職場に来ると英語で話す…。
『頭の中で、スイッチが切り替わる』のだそうです。
すごっ!

うちの息子はといえば、最近、家でも英語で話しかけてくることが多くて、『日本語で言うと?』って聞くと考え込むくらい英語脳になってきています。
先日、お友達の家に遊びに行ったときに、けんかになったときも英語でまくし立てて、泣いて…。
状況が分からなかったので『日本語で教えてよ』って言っても、ワンワン泣きながら訴えてきたのは英語…。
こちらに住んで、ローカルの学校に通わせると言うことは、そういうことなんだ…って、少々のショックを受けました。
夫は心配して、「家で英語を使ったときには日本語に直させたほうがいいのかな?」と悩んでいました。
でも、日本に帰ればあっという間に日本語に切り替わってしまうと思うから心配ないと思う。
それよりは、今は英語が彼の生活に必要なわけだから、だんだん英語の比率が増えてきても目をつぶったほうがいい、って話し合いました。

一時期、ルー大柴だった息子、最近は日本語でしゃべるときと英語でしゃべるときは、完全にセパレートされてきており、使い分けてきている様子。ミックスはしなくなったけど、日本語の単語を忘れつつあるような気がします。
箸を『チョップスティック』とか言い始めた時点で、ちょっとガッカリした私です。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

おひさ~☆

お元気そうだね!最近のブログ読みごたえがあってPCの前で「ふ~ん」「なるほど~」とか、誕生日の回はうるうるしたり楽しませてもらってます。
お子ちゃまたちはいろんな経験してるね、といっても日常生活なんだろうね。

言葉のことも英語で怒ったりとかすごいけど、本人にとってはふつうなんだろうな。
子どもの適応能力すごいね、また日記楽しみにしてまっす!

Re: おひさ~☆

コメントありがとう!
気がつけば、もう10ヶ月、ここで生活しているよ。
子連れでどうなることかと思ったけど、子どもがいるからこその出会いや体験があり・・・。
10ヶ月経っても、カルチャーショック満載の日々v-407
なかなかエキサイティングな暮らしです(笑)

バイリンガルですね

たこでれらさんの息子さんは10ヶ月でバイリンガルになったのですね!若いってすごいです。
娘のクラスメートは2年生の夏から1年半イギリスにご家族で滞在し、現地のパブリックスクールに通ったけれど、1年位して話せる様になってきても、「おまえの英語は変だ。何言ってるか分からない」などと友だちに言われたりしてかなり辛い思いをして来たと聞きました。
違う考え方をすれば、変な日本語に触れなくて済むわけですから、お家でたくさんの日本語の絵本を読んであげていれば日本に帰ってもきれいな日本語で話せるかも。最近娘の日本語の乱れに頭を悩ませている私はそんなふうに感じます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: バイリンガルですね

おっしゃる通り、子どもの吸収力はすごいです。
学校の先生の英語がとてもきれいなため、英国人の方に『息子さんの英語はきれいね』と言われます。
こちらでは、話す英語を聞けば教育の水準が分かると言われるらしいです。
なので、英国人でも発音を直しに英語スクールに通ったりする程なのだとか。
アメリカ人の息子の友達も学校では、英語で苦労したくらいなので、ひとくちに『英語』と言っても、いろいろ違うんですね。
日本語でも、『方言』があるくらいですから、当たり前と言えば、そうとも思うのですが、残念ながらそんなレベルにも達していない自分が悲しいですv-406
こんなオチですみません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。