FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと一緒にイタリア(ローマ)観光編

2011.02.06
ローマについて、まず行ったところ、それはヴォルケーゼ公園です。
2011_01080826.jpg
2011_01080828.jpg

(車は白いラインノ引いてある場所に路上駐車しておきました)
ここは、ジプシーがうろうろしているとの情報もあったのですが、そんなこともなく、のどかで子どももどんぐりや松ぼっくりを拾ったりしてご機嫌で過ごしました。
2011_01080835.jpg
2011_01080833.jpg

ペーター少年の真似のつもりの(枝に袋を引っ掛けて荷物を担ぐ)息子
2011_01080830.jpg

でも、しょっちゅうポリスカーが巡回をしていたので(それもかなりの頻度)そうしていないと、たちまちに治安が悪くなってしまうようなところなのかもしれません。
巡回の効果か、犬の散歩や、ジョギング、借りた自転車で楽しむ観光客などほのぼのとしていました。
2011_01080841.jpg
この公園、普通の路線バスが通ったりしていたのでびっくりしました。

体が馬で足が魚の面白い噴水
2011_01080839.jpg

ここに一番にきたのには理由があって、ヴォルケーゼ美術館を予約していたのです。
2011_01080844.jpg
ここは、予約をしていかないと、ほとんど入館が不可能と聞いていました。
英国から予約の電話を一生懸命かけても(たぶんクリスマスの時期だったせいか)繋がらず、ローマ入りする数日前、やっと電話が繋がったという・・・
インターネットで予約代行してくれるサービスもあるけれど、チケット代が倍以上になったりとか代行費用が高いので、自力でがんばりました。
なかなか繋がらなかったけれど、ぎりぎりまで諦めないでチャレンジしてよかったです。
入管予約の時間まで、たとえ数分前でも入れてくれない感じだったので併設されているカフェで休憩したり、ガイドブック買ったりして時間をつぶしました。

エントランスの像。首が取れてて、びっくり
2011_01080846.jpg

公園内を走るシャトルバス(?)もあるようでした。
2011_01080851.jpg

そして、この美術館で私たちは『彫刻ってこんなに美しくてすばらしいものなんだー!』と感心したのです。
私は美術品とかほとんどわからない人なんですが、なんか、今まで見たことのある彫刻からは感じたことのない躍動感と美しさに感動しました。
息子は、『早く、また公園で松ぼっくり拾いたいよー』とグダグダになっていましたけれどね。
この日は雨が降ったりやんだりしていましたが、公園で遊んでいる時などは晴れていて、美術館内にいる間に降ったりしていました。
2011_01080852.jpg
美術鑑賞が終わった後も、しつこく公園遊びをする息子に飽き飽きしていたら、ちょうど降り始めてくれたりとか、お天気が私たち夫婦の味方についてくれているかのようでした。
公園で子どもたちも楽しめて美術館で親も楽しめる、この日は、ヴォルケーゼ公園でいいローマでのスタートを切ることができました。

夕飯は地元の人でにぎわうトラットリアで(おいしいという情報を得てから行きました)。
2011_01080877.jpg
手ごろな値段で普通においしかったですが、カードで支払いができるという表示があったにもかかわらず断られました。混んでいたからかな?
2011_01080879.jpg
ここは平打ちパスタがおいしいということだったけれど、ほんとにおいしかったです。
2011_01080880.jpg
生ハムの乗ったピザ
2011_01080878.jpg
あまりにおいしかったので、後から追加注文した、このボンゴレだけはいまひとつでしたけど・・・。(あさり、缶詰か何か使ってない?みたいな)
2011_01080881.jpg

夜のスペイン広場(ローマの休日で有名なアノ階段の広場です)
2011_01080885.jpg
2011_01080883.jpg
2011_01080886.jpg

夜のポポロ広場
2011_01080891.jpg
2011_01080892.jpg
2011_01080893.jpg

ローマの初日だけは車で移動して、夜もご飯食べたついでに観光したりもしたけれど、ローマ人のあまりの運転の適当さに、次の日からは地下鉄を使って移動しました。
なので、夜のローマを見られたのはこの日だけだったな。
新年明けてたけれど、クリスマスツリーがまだライトアップされていてきれいでした。
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。