検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもと一緒にイタリア(ミラノ)

2011.01.22
そろそろイタリアにいった時のことを書いておかないと忘却の彼方へいってしまいそうなのでUPしておきます。
ホントは、ドイツのクリスマスマーケットに行くつもりだったのですが、飛行機チケットが取れず、急遽イタリアへ!
治安があまり良くないと聞き、防犯情報に目を通しているうちに『チケット取るんじゃなかった』って、思ったんですが、今振り返ると、めっちゃエキサイティングで疲れたけど行ってよかった(多分)です。

空港の駐車場に車をLong stay させて、ミラノから上陸!
大雪のオックスフォードに比べて雪こそなかったものの、寒かったでーす。
子どもが小さいので、レンタカーを借りました。
車の鍵のリモコン、効かないし(電池切れ?)ジュニアシート頼んでたのにしつこく言わないと出てこないし、いきなり適当な(噂通りの)展開に、『こういう国なんだよな』って口が曲がる夫。
この後さらに、恐ろしいドライブが待ち受けていたのですが、その話は叉の機会に…

ミラノは、『飛行機おりるところ』で、今回は、殆ど観光しませんでした。
飛行場からミラノのホテルへ移動したら、もう夜。
しかも、このホテルの駐車場へ続く坂が急すぎて、車が坂の途中で止まっちゃうし、駐車場のお兄ちゃんが無理やりアクセル踏んで坂を登らせたら、へっぽこレンタカーのエンジンから焦げ臭が!
こわかったよー!

着いた日に食べた夕食。
2011_01080017.jpg
2011_01080021.jpg
2011_01080022.jpg

飛び抜けて美味しいわけでもなかったけど、私はこの『パンナ』というお水がイタリアで飲んだいくつかのお水(ガス無し)の中で一番美味しかったと思います。
2011_01080011.jpg

そしてたいていのレストランである、食事が出てくるまでつまめるグリッシーニ。
子どもたちは喜んで、バリバリ食べてました。
2011_01080013.jpg

翌朝は早朝に地下鉄に乗ってドゥオモへ。地下鉄はどこまで乗っても1回€1
噂に聞く、親切を装ったつり銭せびる人とかスリとかには会いませんでした。
クリスマスホリデーですごく空いてたし。

ゴシック様式のドゥオモ、すごく立派でした。
2011_01080027.jpg
2011_01080033.jpg

ドゥオモ広場に立っていた銅像
2011_01080028.jpg

ティファニーのクリスマスツリーも立っていました!大きくて立派!
2011_01080026.jpg

日が高くなって観光客が増え始めた頃、鳩の餌の押し売りの人達がワラワラいてうちの子にも近寄ってきましたが、夫が固くガード。
アジア人女子集団が引っかかっており、警官が押し売りの男を連行して去っていっていました。
男は、最後まで『ノー?マネー?』と女子たちに食ってかかっていました。
嫌だ嫌だ。

その後、ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリアへ。
2011_01080031.jpg
2011_01080038.jpg

床のモザイクがとってもきれいで、イタリアの都市のシンボルマークがぐるりとモザイクされていました。
中でも、ここにある牛のモザイクは、有名で牛の大事なところに右足の踵をこすりつけて(なんて残酷な!)ぐるぐる回ると、子宝に恵まれるというジンクスがあるそうです。
私がやっても、すでに無意味と思いつつ、娘を抱いて、娘のために(?)ゴリゴリ踏んで回っておきました。
みんながやるせいで、そこだけすり鉢状にかなり凹んでいるんですが、こんなに減ってなくなっていても御利益あるんでしょうかね?謎です。
ついでに(?)息子にも回らせました
2011_01080041.jpg

そしてプラダ本店
2011_01080047.jpg


マックまで、こんなにおしゃれ
2011_01080046.jpg

ダビンチの銅像
2011_01080043.jpg

他にもスカラ座とか見所があるみたいですが、寒いし子どもがグズグズ言いはじめたので、私たちはさっさと次の目的地ヴェネティアへ!
スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。