FC2ブログ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家と学校探し・失敗

2010.07.21
オックスフォードには、名門の小学校がいくつかありますね。
そして公立の学校もレベルが高いです。
どこも良いとこなんて『ラッキー』なんて思っていた私が間違っていました。
ポッと出の日本人が父親の海外赴任の間だけ入学するには、敷居が高すぎました。
まず、入れません。定員オーバーも良いとこ。
イギリス人だって、入りたい学校ばかりなんですから…。
現地の人のコネでもあれば別のようですが(○○からの紹介→これ、結構重要らしいです)。

そして、家探しも仮契約までこぎつけたにもかかわらず、
『大家さんが売りに出すといっているから、貸せなくなった』って没になりました。
えぇー
こんなこと、まず人としてありえないんじゃないでしょうか?
なら、最初から賃貸なんて出すなよ…下見させるなよ…仮契約迫るなよ…

可哀相なのは振り回された夫ですね。お疲れ様でございました。
というわけで振り出しに戻った我が家の家探し…
3週間に及んだ出張も、最終日にこんな結末…。ひどっ

でも、悪いことばかりではありませんでした。
『同じ日本人』ということで、助けてくれる人がたくさんいたことです。
遠い異国の地、だけど人はどこへ行っても助け合えるんだという気持ちになれました。
私たち夫婦も後からオックスフォードへ来る方々の助けになって、
この親切に恩返しをしようと固く心に誓いました。

とりあえず、来月渡英してから家も学校もやり直しでーす
スポンサーサイト

学校探しも難航

2010.07.15
向こうの新学期って、9月なんで、この時期に学校探すのって大変みたい
一応公立の学校も当たってみてくれたようだけど、入学には優先順位があるんだって。
『一番優先順位が高いのが、障害を持っている人、次は兄弟が入っている人、
さらに、キリスト教だかなんかの人、その次に近く人すんでいる人』
はぁぁぁ
無理無理ー。だってうちは兄弟で入学してる子もいないし、第一キリスト教徒ですらないもん。

あと現地の人情報で良いとされてる学校を教えてもらったんですが、
Christ Church Cathedral School
この学校、一週間の献立というのを公表してるんだけど(三食分載ってるから寄宿舎のメニューなの?)、
月曜の夕食に『Dinosaurs』って…

最初、自動翻訳機能で読んでたんで、

トルコ
恐竜
ジャガイモ


はい?『恐竜?』なんか、間違ってんじゃ?

と思って原文に戻して読んだんだけど

Turkey
Dinosaurs
Potatoes
Beans

『トルコ』は、まぁ『ターキー』だと思う…
でも、なに?2番目はやっぱ『ダイナソー』なんでしょうか?
イギリスの子女、すごいもん食ってますね。

羊と一緒に飼ってて(家畜?)、グレービーソースかけてガブリ?
なーんて

HPの情報が古いの?

2010.07.14
家探し、難航中のようです。
てか、『もう無い物件、HPに載せるなよ!』とキレる夫。
HPみて予約のアポを取ってるのに、見学前に『もうその物件は無い』て言われること数件。
どうやら、そういうことらしいです。

イギリスって、やっぱりルーズというかノンビリというか…
そういうことなんでしょうかー?

でも、『たった今あき物件ありですが…』て新しいのを見せてくれる電話が来たって、喜んでいました。
しかも目星をつけてた学校の近くだって
がんばって!がんばって見てきて!夫よ!!

オックスフォードでの家探し・難航か?

2010.07.11
見て良かったら契約しようと思っていた家が、見学の約束をとっていた日に、ご成約だったらしく、
家探し、振り出しに戻りました
手付金数万円を払えば、引越しまでとっておいてくれる…なんて話までしてたようなので、
これは決まりかな?と思ってたのに…
そう、うまくはいかないもんです。
ちなみに家探しは、ここでしました。Rightmove
現地に住んでいる方に教えてもらったサイトです。

向こうの不動産屋さん、物件を見せてもらうには必ず予約が必要だそうです。
当然、学校もアポをとらないと見学させてもらえないですが…。
ちなみに学校はここで探しました。学校探し

現地に住んでる人情報で『大学町だから、オックスフォードにはファミリー向け物件が少ない』と言われていて、
ホントかどうかは謎だけど、実際、夏の時期は9月の新学期に向けて入れ替わりも激しく、
いいと思ってた物件が、タッチの差でなくなってたりするようです。

しかも、『オックスフォードはいい学校がたくさんあるから、イギリス全土から志望校めがけて引っ越してくる』んだとか…(これも現地の人情報で、ホントかどうかは謎)
うちは、転勤先がオックスフォードなんで他に住むのはちょっと…
ともあれ、夫は『なーんだ、じゃ、目星をつけてた学校じゃなくても、どこでも大丈夫そうじゃーん』と
気が緩んでる様子…
だ…大丈夫かしら??

オックスフォードの学校探しと家探し

2010.07.10
渡英先の家を検討しています。
(探すのに使ったサイト、アドレス載せたら違法なのかわからないので、載せないですが…)
うちは子どもが、ちょうど就学児に差し掛かろうという年齢なので、学校の近くの家と思って探しました。
(学校探しに使ったサイトも、アドレス載せてもいいのかわからないので、載せないですが…)
ようするに日本からでも、ある程度、調べがついて準備できるということです。

イギリスの学校は、すべて学校評価が公表されているので、それを参考に自分の子どもに合いそうな学校の目星が付けられました。
そして、学校により近い方が入学に有利だと聞いていたので、家探しの優先順位は、以下のとおり…。
①子どもの学校の目星をつける
②その近くの家を探す
実際には見てみないとわからないですが…

たまたま夫が今、赴任前に3週間ほど英国に出張中なので、仕事の合間に学校と家を下見してもらっています。
日本から調べて行った情報が、役に立っているのと、やはり現地で人に実際の評判を聞きながら探せたというので安心です。

まぁ、家もフラットから一軒家までいろいろな種類があって、家賃も様々です。
そして学校も、公立と私立とで全然違うそうなので…。

ただ、我が家は向こうの学校の募集期間を外れて渡英することになるので、
おそらく公立はウェイティングリスト入りだろうということで、
最初から私立校しか調べませんでした。
どうなることやら…

ちなみに、息子はこの春に幼稚園(三年保育)に入園したばかりですが、渡英後まもなく小学生です。
英国では、4歳からReception(小学校準備クラス)で、5歳からYear1(小学生)だそうなので。
Receptionは義務教育ではないらしいのですが、早く英語の環境に慣れてほしいのと、
Year1の義務教育始まってから行き渋られても地獄なんで…
早めに英語の環境になじんでほしいです

赤ちゃんの予防接種(中途半端なポリオ接種での渡英)

2010.07.08
そうそう、娘はポリオの2回目に間に合わなかったのですが…
ポリオって特殊なワクチンの接種の仕方で、地域での集団接種か、指定された医院での自費接種のみ。
どこの病院でも接種できるワクチンじゃないんですよね。

最初、役所に問い合わせたら、4月に1回目を受けて、2回目を体調不良などの理由で受け損ねた人用の予備日(6月)に接種したらどうかといわれたんですが…。
小児科の先生に相談したら、
ポリオ、1回目と2回目の摂取期間が8週以上開けば、次のワクチンを接種することは可能らしいのですが、
1回目と2回目の接種時期を半年以上開けないと十分な免疫をつけることはできないらしいんですよね。
つまり2回目を慌てて接種しても無駄になる可能性が高いって事のようです。
あぶない、アブナイ

なので、渡英してから一から接種しなおすことにしました。
日本は生ワクチンを経口投与ですが、英国では不活化ワクチンを注射で3回打つとの事です。
日本と英国ではワクチンの種類が違うことと、向こうはポリオ単体ではなく多価ワクチンとの事。
既に日本の3種混合で打った分とかぶるのを接種するのが心配だったのですが、
小児科の先生いわく、何の問題もないとのことです。
逆に免疫が強化されていいようなことをおっしゃっていました。
ほんとは、異国で変な副反応が出たりしてうまく対応できるか心配だったので、
できる分は日本で接種したかったのですが、意味のない接種をしても仕方ないので、
勇気を持って向こうで、予防接種します。はぁぁぁ…

渡英のための予防接種(予定)

2010.07.07
ただいまビザを申請中。
無事に通れば、来月にはお引越しかな?

ところで、子どもが小さいと予防接種、どこまでしていかれるか、色々心配ですよね。
うちは上の子が3歳までの定期接種はすべて受け、任意接種はヒブのみ接種。
下の子(渡英が決まったとき7ヶ月)はポリオ2回目を残した定期接種すべて接種済み。
以上の状態で転勤が決まりました。

いろいろ調べたり、悩んだり、看護師の友達や小児科の先生に相談したけれど、
日本で受けられるものはすべて接種していくのが安全だろうと結論付けました。
0歳の娘は、日程の関係で目いっぱいだったので、ヒブと、肺炎球菌は向こうで受けることにしましたが、
4歳の息子には、おたふくも水疱瘡も、最近摂取が推奨され始めた日本脳炎(新ワクチン)も受けてから渡英するつもりです。
(おたふく、副反応が心配で、最後まで悩んだんですが、男の子は、後遺症のリスクが高いのと、
英国で思い副反応が出るとパニックになりそうだったので、日本で受けることにしました)
息子は、2歳のときに接種した「認可されたばかりのヒブワクチン」の副反応で高熱が出ちゃって心配だったんですが…。
おたふく、それ以上に重い副反応出ました
40度近い発熱と、嘔吐、不定期に出たり引っ込んだりする発疹、リンパ節の異常な腫れ…などです。
幸い、今は原因不明の発疹以外の症状はなくなりましたが、「おたふく」のワクチン、任意接種にならないのも納得の強烈さでした。
今後も、無菌製髄膜炎など発症しなければいいなと思いつつ、日本脳炎のスケジュールを組んでいます。

そのほかに、私たち夫婦は、会社の決まりで「破傷風」の予防接種を受けました。
これも、私には合わなかったみたいで、強烈な倦怠感と頭痛が数日間続きました。
予防接種、免疫をつけるためとはいえ、体に負担かかりますね…。

オックスフォードに転勤が決まった

2010.07.04
我が家は、ごく普通のサラリーマン家庭です。
4歳の幼稚園児(男の子)と9ヶ月になったばかりの女の子がいます。
今を去ること2ヶ月前、イギリスに転勤が正式に決まりました。

それから、住むための英国を色々調べたり、準備に奔走するわけですが、
これから子連れで英国住まいをする予定の方々に、少しでも手助けになればと、
ブログを始めることにしました。
私も、色々な方のブログにお邪魔しては、情報あつめをしました
なので、後からの方にも何かしらの力になれば嬉しいです。

三日坊主なので…続くか心配ですが…わはは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。